ネットワークスイッチの色々:スイッチングハブの機器選定

ネットワーク・セキュリティ

数あるネットワークスイッチの中でも、家庭内から中小オフィスのポート拡張に利用されるスイッチングハブには、実に様々なバリエーションが存在しています。

ここでは、スイッチングハブの定義から、その機器選定の中でのトレンドについてを、ご紹介していきます。

スイッチングハブとは何か?その定義について

スイッチングハブは主に、家庭内から中小オフィスのポート拡張に使用されます。

メーカーによっては、アンマネージドスイッチや、ノンインテリジェントスイッチなどと呼ばれています。

その「アン」や「ノン」などと、否定的な呼称から察するに、VLAN機能やQoS、SNMP、IPアドレスなどを設定する機能がなく、ひどい言葉で「バカハブ」などと呼ばれていたりします。

それらの機能を廃することで、どのような人でも、接続してしまえば簡単にポートを拡張することができます。

スイッチングハブのメリットは、安価にポート数を拡張し、オフィスの島ごとに配置してLANケーブルの敷設を最小限に留めることができます。

このことから、スイッチングハブは「島ハブ」とも呼ばれているようです。

スイッチングハブの天敵、L2ループの対応機能

ごちゃごちゃしたオフィスで、L2ループが発生した!という原因は、主にこれらのスイッチングハブ間を3台以上繋げてしまったり、1台のスイッチングハブへ同一のLANケーブル同士を繋げてしまったりすることが挙げられます。
一度L2ループが発生してしまうと、そのセグメント上で、データが高速にループを起こしてしまい、原因となるネットワーク機器の電源を切るか、原因箇所のLANケーブルを抜線して収束を待つか、の対応をする必要があります。

ループを検知してブザーを鳴らす「ループ検知機能」や、ループを検知すると該当ポートを遮断する「ループガード機能」など、現在では、このようなL2ループを制御するスイッチングハブも登場しています。

家庭内や中小オフィス向けのスイッチングハブ

スイッチングハブが安価であることは、前述にもご説明した通りとなりますが、旧来より、安価で使い勝手の良いスイッチングハブが、各メーカーより提供されています。

これらのスイッチングハブは、家庭内や大中小オフィスに限らず使用されていることから、需要が高いネットワーク機器となります。

下記、代表的なメーカーをあげてみました。

Buffalo

Buffaloは、家庭向けやSOHO、小規模オフィス向けに、安価でバリエーション豊富なスイッチングハブを提供しています。

LXW-10G2シリーズは、10Gbpsポートを搭載した高速スイッチングハブとなります。

スイッチングファブリックは60Gbpsと、10Gbpsポートが搭載されたスイッチとしては、少々低めのスペック値ですが、10Gbps x2、1Gbpsx4のポート構成であることを鑑みると、十分すぎる位のスペック値となります。

利用方法としては、アップリンクに10GbpsポートをCat6A仕様のLANケーブルで接続し、もう一つの10GpbsポートはAPやストレージに接続、残りの1Gbpsの4ポートにて、他の端末を接続するなどの方法が最適でしょう。

[参考] Buffalo LXW-10G2/2G4

Elecom

OA整備に特化した商品を数多くリリースしているElecomのハブも、安価でおすすめです。

上記のシリーズは、ループ検知機能を搭載しており、故障の出にくい「ファンレス」型のスイッチとなります。

[参考] Elecom EHC-G05MN2-HJB

アライドテレシス

国産メーカーにこだわるなら、アライドテレシスのハブもおすすめです。

比較的タフであり、販売終了後も、長々と活躍しているハブを数多く見かけます。

アライドテレシスがシステムベンダーのオフィス等で採用されるのは「期待値の1Gbpsをほぼ全域で利用できるから」という理由からでした。

他社メーカーのスイッチングハブは、1Gbpsの仕様でも、実際には700Mbpsの帯域しか確保できなかったりすることもあります。

これに伴い、後述のサーバ用スイッチングハブにも利用されることも多い機種です。

[参考] アライドテレシス GS910 Series

Netgear

Netgearは、安価で、狭いところでも設置可能な、スマートなスイッチングハブを提供する事で知られています。

16ポート構成のスイッチでも、筐体の高さは3cm弱と小さく、多くのオフィスや工場などで利用されています。

スイッチングファブリックは8ポート構成で16Gbpsですが、オフィス端末利用においては、十分ではないかと思います。

[参考] Netgear GS108

サーバ周辺や中核ネットワークに使用されるスイッチングハブ

サーバ用途向けや中核ネットワークでのスイッチングハブは「そんなことに使うことってある?」と疑問を持たれるかもしれませんが、仮想サーバ間のデータ通信用に使われたり、サーバのマネジメントポート用に整備されていたり、中核ネットワークからサーバへ分岐させるなど、その活躍は今でも著しいのです。

サーバ用途のハブは、従来のネットワークとは別の、単純なネットワークを介していることが多く「ネットワーク制御を持たないスイッチングハブ」ですので「他のトラフィックが介在しない」環境を最適化する上では、これ以上にないネットワーク機器となります。

ポート数は8〜24ポートあたりまでと制限を持つハブが選ばれることが多く、代わりに、スイッチングファブリックは最大限に欲しいため、高性能なハブが選ばれることがあります。

サーバ用途・中核ネットワークでのスイッチングハブメーカー

その用途に適したメーカーは、HPやFXCになどが選定される傾向にあります。

HP

HPは、サーバ筐体をリリースしていることから、サーバ用途や中大規模オフィス用のビジネスシリーズのスイッチを提供している事で知られています。

このシリーズの上位機種になると、10Gbpsの速度を安定的に確保できるDACケーブルやSFP+用のモジュールを搭載しており、完全にサーバ寄りの構成になっています。

[参考] HPE OfficeConnect 1420 Switch Series

FXC

FXCは、以前からメディアコンバータなどの、サーバルームやネットワークラックに適したネットワーク機器を販売している事で知られています。

こちらも、HPのシリーズと同じく、SFP+用のポートが搭載されています。

スイッチングファブリックも200Gbpsと、絶大な能力を誇っているのが魅力的です。

[参考] FXC ESX1010